長尾呂敏のブログ

普段の何気ない事を日記にしていこうと思います。

久米川駅南口 蕎心庵 で夕食

西武新宿線 久米川駅南口 「蕎心庵」でとても美味しい夕食しました。
😋🍴💕
久しぶりに再訪しました。



f:id:nagao2019:20220116085145j:plain
外観

tabelog.com


前回
nagao2019.hatenablog.com


f:id:nagao2019:20220116085248j:plain
2人用のテーブル席に案内され、「穴子天ぷらそば」 1,400円 をオーダー。
少し待つと穴子天ぷらそば着丼。


f:id:nagao2019:20220116085543j:plain
f:id:nagao2019:20220116085619j:plain
とても良い香りがします。
特に柚子の香りが良いですね。
七味唐辛子とネギを投入しました。


f:id:nagao2019:20220116085752j:plain
f:id:nagao2019:20220116085853j:plain
f:id:nagao2019:20220116085925j:plain
f:id:nagao2019:20220116085955j:plain
熱々のお蕎麦とやはり熱々の穴子たらの芽、の天ぷらがやって来ました~。
期待が高まります~。

大きくて長い穴子天ぷら、春の旬のたらの芽、どちらも大好きな食材!
熱々サクサクの天ぷらを蕎麦の中に入れて、とても美味しくいただきました。
もちろんお蕎麦もとてもとても美味!
熱いお蕎麦と天ぷらで体の中から温まり、お腹も満たされました。😋🍴💕


f:id:nagao2019:20220116090031j:plain
店内


🐟 🦈
アナゴって面白いですね。
ウナギによく似ていますね。鰻に似て細長い体形の海水魚です。
アナゴの種類はたくさんあって、生息する環境や水深は様々で、北海道以南から東シナ海まで広い範囲で分布しているようです。
日本では、「アナゴ」といえば浅い海の砂泥底に生息し、食用(寿司、天ぷら、蒲焼き、煮穴子、八幡巻)に多く漁獲されるマアナゴ の事のようです。

体の長さは、オス40 cm、メス90 cmほどになるようです。
夜行性で、昼間は砂泥底に生息する種類は、巣穴から頭だけ、または半身を海中に乗り出しているところから「アナゴ」という名前になったそうです。

広島県の宮島の「あなご飯」、岡山県の「ベタラ」、千葉県富津市の「はかりめ丼」など食べてみたいですね。



とても美味しい穴子天ぷらそばで良い夕食になりました。
😋🍴💕
また行こう。

ごちそうさまでした。👋